W洗顔不要の毛穴汚れも落とすクレンジング

MENU

W洗顔がよくない3つの理由

W洗顔では肌に必要なものを落としてしまう

本来、洗顔もクレンジングも顔に付着した汚れを落とすのが目的です。つまり非常に洗浄力が強くて肌には刺激が強いもの。現在ではW洗顔が不要なクレンジングが多数販売されるようになりました。よって顔のバリア機能を取り除いてしまうクレンジング+洗顔をする必要はありません。
特に乾燥肌、敏感肌の方がW洗顔をするとトラブルの原因にもなりやすいです。最初は少し勇気がいるかもしれませんが、W洗顔をやめたことで毛穴汚れ、ニキビ等が改善された方は多くいらっしゃいます。

W洗顔は肌の乾燥を招く

肌に必要な皮脂、潤いを落としてしまうと外部から肌を守る機能が著しく低下します。水分を保持する膜が弱くなると角質に浸透している水分も蒸発しやすくなります。そしてバリア機能が低下すれば肌が察知して補うために余計に皮脂を分泌して毛穴詰まり、ニキビの原因となることがあります。

乾燥肌、敏感肌の方には適切ではない

特にW洗顔は乾燥肌、敏感肌の方などは適切ではありません。乾燥肌、敏感肌の方は普通肌の方よりもあきらかにバリア機能を張る膜が薄いことがわかっています。W洗顔をすることによって洗浄+洗浄で肌を守るものは無くなります。これではいくら良い化粧品を使ってもW洗顔をするたびに肌に必要な機能を奪いさってしまいます。

W洗顔をしないために必要なもの

W洗顔をしないために必要なものはやっぱりクレンジングです。
クレンジングにも色々な種類があります。全てがW洗顔不要のクレンジングといったわけではありません。

 

W洗顔をやめる場合にはW洗顔不要といった表記のあるクレンジングを使うことが大切。

 

またメイクをしない日に限り、クレンジングよりも洗顔料の方が肌への負担を抑えることができます。

 

ですから洗顔がまったく必要ないと言ったわけでなく、メイクをした日だけW洗顔不要のクレンジングでメイク、毛穴汚れなどを落とすことが大切。

 

逆にメイクをしない時は添加物を含まない肌に優しい洗顔で顔の汚れを落としてあげることが大切です。

 

どちらにせよ、肌の潤いまで取ってしまうと逆に皮脂分泌というのは過剰になってしまい、詰まり毛穴、ニキビ等へと発展する可能性が高くなります。